Yuji 活動報告



<報告>

2007年1月8日
私<Yuji>はパールハーバーに行きました。現地の方々と一緒になって、折り鶴贈呈式を行いました。
2016年5月、オバマ大統領が広島を訪問され、自ら折った4羽の折り鶴を広島平和記念資料館と後日、長崎原爆資料館に2羽寄贈くださいました。これは歴史に残る英断であり、とても心のこもった贈り物だと思いました。又安倍首相が昨年末パールハーバーを訪問し、奇襲攻撃で犠牲になられた方々の御霊に対し慰霊され、不戦の誓いをされ、オバマ大統領と共に世界平和へのアピールをなさいました。
人に対する評価は、その方の地位が高いほど分かれるものです。でも大切なのは、声に出して言う事が最も重要な事なのです。
何故なら、行動を起こすつもりの無い人は心にも置かないし、口にも出さないのです。でも口に出せば、聞いた人にはそのような行動を起こしてくださいと言うメッセージなのですから、そんな心構えが平和への心をつなげる糸口になるんだと、しっかり受け止め、そのように努力していかなければいけないと思うのです。それで良いじゃ〜ないですか、物事は誰かの一言から始まり1から2、2から3へとつながって行くのですから・・・・。心を動かさなければ絶対につながることもないし、1ミリも先には進まないのです。

8日パールハーバーには、安倍首相が折られた折り鶴と、首相夫人が折られた折り鶴と、パールハーバーに突別攻撃した生き残りの方、広島の市民、生徒さん、全国の平和を祈る市民、生徒さん、ハワイの日系の方、その他現地の方々の折られた折り鶴がパールハーバーに集い献納されました。
これはYujiがアメリカ大統領の心に対し、又パールハーバーメモリアル施設に対し、禎子の折り鶴が結んでくれた縁を大切にし、日米の心の終戦をもっと推し進める為に企画して、安倍総理夫人の大きな支えの基に実行されたものであり、現地の方々を含めて、この寄贈式を受け入れ盛り上げて下さった方々に対し、心からお礼を申し上げます。
そしてパールハーバーで犠牲になられた英霊に対し心から哀悼の誠を捧げます。

今年は一人一人の絆を強く結びつけて、折り鶴が「祈り鶴」としての本領を発揮できますように頑張ってまいります。
これからも皆様のご支援を頂きますように心からお願い致します。
                  <Yuji>



※「祈り」のCDについてや、歌と語りでの平和講演についてお問い合わせは下記からお願いします。





活動報告    



yujiのライブ     「祈り」を作詞作曲した「禎子」の甥

佐々木祐滋はライブ活動もしています


2002年、モンゴルで行われた国際音楽祭に招待され、グラ
ンプリを獲得した。

ソニーエンターテイメントからメジャーデビューして現在もラ
イヴ活動も行う。

2010年、自ら作詞作曲した「祈り」を紅白歌合戦で歌手
「クミコ」さんに託し、世界に放映される。SADAKO  
LEGACYの副理事長として歌と禎子の心を世界に伝える。


※「祈り」のCDについてや、歌と語りでの平和講演について
お問い合わせは下記からお願いします。


佐々木祐滋による「INORI」は、Face book or Twitter でご覧ください!

広島平和記念公園に立つ少女の像「原爆の子の像」のモデルとなっ
た佐々木禎子。彼女の甥であり、ボーカリストである佐々木祐滋が父
から叔母の闘病の様子を聞き世界平和の祈りを込めて作った曲がこ
の曲です。

各地で行われる平和祈念イベントには世界中から声がかかり、これま
でオーストリア各所、アメリカの各地やNYの世界貿易センタービル跡
地(グランドセロ)、イラン、ブラジル、モンゴル、沖縄等、又全国各
地の学校などに招かれ、各種イベントでもこの楽曲を披露するなど注
目を集めています。