<色別に「SADAKOねがいづる」の意味を統一します>

黒色の折り鶴


問題の解決は、暴力よりペンであり、「反対の意思表示」「抗議の意思表示」は静かに双方に伝わるのが一番良い方法だと思います。

「黒色の折り鶴」は双方に考える時間を与え、相手を尊重しながらも「反対や抗議の意思表示」を示すものです。

無慈悲な反対ではなく、自らが反省しようとする心掛けを持っていただくような、心を感じて頂かなくてはならないと思います。

その為には粘り強く、継続的に、信念をもって説得すべきではないでしょうか・・・・。

非暴力を唱え、差別をなくす声を、みんなで願う為に折り、黒色の「SADAKOねがいづる」を差し出しましょう。