<色別に「SADAKOねがいづる」の意味を統一します>

青色の折り鶴


一点の曇りもない青空の先に世界がつながっています。
みんな同じ天空を見ています。本来は皆同じ自然界の中で生活し生かされていますが、環境が違い、環境に合った文化が生まれ、それになじむように暮らしています。

その地において、みんなが幸せに暮らせる権利を有しています。この権利は何人であろうと犯すことは出来ません。

みんな一様に夢と希望を語り、求めることは自由に出来るはずです。しかし現実は大いに違う事はあり得るように思います。

青色の「SADAKOねがいづる」はそんな方々の為に、夢と希望が実現しますように、願いを乗せてはばたく「SADAKOねがいづる」にみんなの心を託しましょう。